不安症状について

catch7.png
強迫性障害は不安障害のひとつに分類されており、強い不安症状が伴うのが一般的です。

 

強迫性障害とともに、不安障害を中心に様々な病気を併発している人が多いです。
たとえば社会恐怖・対人恐怖症といった各種の恐怖症、過敏性腸症候群などです。

 

 

似た障害に強迫性パーソナリティー障害がありますが、
この障害も秩序や予定が思い通りにいかなくなると強い不安が現れるようです。

 

  • チック障害
  • トゥレット症候群
  • 摂食障害
  • 醜形障害

を併発する人もいます。

 


症状が重くなるとうつ病やパニック障害を併発することもあります。

 

 

具体的な不安症状としては次のようなものがあげられます。

  • 悲観的な気持ちになったり特定の部位に痛みを感じる
  • 異常に汗をかいたり震えがとまらなくなる
  • パニック発作におそわれて過呼吸になる
  • 特定の場面を避けるようになる
  • 寝つきが悪い、途中で目が覚めて熟睡できない

 

 

不安を誘発させる物質

不安症状は特定の物質によっても誘発されます。

 

fotolia_48133063_xs.jpg
アルコールやカフェイン、ニコチンなどが
その代表的なものです。
そのため、お酒を飲んで不安を
無理やりごまかそうとしても逆効果になるのです。

 

 

強迫性障害の人はお酒やコーヒー、タバコを
控えることをおすすめします。

 

 

これらを多量に摂取することで日常生活もままならないほど
症状が進行してしまう恐れがあります。

 

急にやめてしまうと危険な退薬症状が現れるため、
徐々に量を減らしていくようにしてください。



 

 

強迫性障害改善マニュアル 人気ランキング

強迫性障害

 

強迫性障害

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの特徴

『1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感』

これまでに300人以上を救ってきた、メンタルトレーナー本田雅人氏の特別プログラム。基礎編、実践編の二部構成で段階的に強迫性障害を克服。その他、約600ページにも及ぶ大容量コンテンツ、90日間の完全個別メールサポート、返金保障など、圧倒的な品揃えで他社の類似教材を圧倒!

■管理人から一言■

《メリット》 メールサポートの他、返金保障も付いていて、購入者目線の対応をしている
《デメリット》 ボリューム多く、サポートがしっかりしている分、値段が高め。

 
 

強迫性障害

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの特徴

『東洋医学整体師鈴木進氏が教える改善プログラム』

東洋医学をベースに学生時代に学んだ臨床心理学をブレンドさせた独自の治療法で心の病を改善。リーズナブルな価格で、安定した人気マニュアル。

■管理人から一言■

《メリット》 他の類似教材と比べ、かなり安いので、お金をかけられない人にはおすすめ
《デメリット》 コンテンツ量が少ない(79ページ)、返金保障もない

 
 
石原式強迫性障害改善術(販売終了)

強迫性障害

石原式強迫性障害改善術の特徴

『4つのステップで着実にあなたの症状を改善』

年商2億の会社を創業し、カウンセラーも行う異色の人物・石原誠二氏が執筆。たった7分間で取り組める改善メソッドを公開。※販売が終了しました。

■管理人から一言■

《メリット》 返金保障つき
《デメリット》 メールサポートがないので、疑問やトラブルがおきたとき大変。また、販売ページにこんな誤りもあり、ちょっと不安感も。

※販売終了