食事で改善する

強迫性障害 食事

 

強迫性障害は、脳の栄養不足が原因、とも考えられています。
逆に、食品が脳に悪影響を及ぼしている場合もあります。

 

強迫性障害の人に不足している栄養素とは何なのか、
避けたほうが良い食品はどれか、を解説します。

 

 

強迫性障害に有効な栄養素は?

強迫性障害の人に不足している栄養素、
そればズバリ「セロトニン」です。

 

セロトニンの働きとは?

セロトニンは、脳の神経伝達物質であり、
心身を安定させる働き
を持っています。

 

セロトニンが身体と心に及ぼす影響は、
以下のように多岐に渡っています。

 

  • 体温を調節する
  • 睡眠の質を高める
  • 脳内ホルモンを調節し、精神を安定させる
  • 食欲をコントロールする
  • 原因不明の痛み(慢性疼痛)を抑制する

 

強迫性障害患者の脳は、健常者と比べて、
セロトニンを細胞に取り込む働きが低下していることが、
放射線医学の研究で分かっています。

 

このことから、脳にセロトニンが不足しやすくなり、
感情を司るホルモンバランスが不安定になった結果、
強迫観念による不安を強めると考えられます。

 

セロトニンを増やす食べ物は?

強迫性障害 食事

 

セロトニンは、アミノ酸の一種「トリプトファン」を原料に、
脳で合成されています。

 

トリプトファンを多く含む食品は、以下のとおりです。

 

  • 乳製品
  • 大豆製品
  • バナナ

 

セロトニンを増やす栄養素は?

トリプトファンからセロトニンを合成するには、
エネルギー源やサポート栄養素が必要です。

 

トリプトファンと一緒に摂取したい栄養素は、
以下の2つです。

 

炭水化物

炭水化物は、セロトニンの合成に欠かせないエネルギー源です。

 

  • ご飯
  • イモ類
  • 小麦製品
  • 果物

等から摂取できます。

 

ビタミンB6

ビタミンB6は、セロトニンの合成をサポートする栄養素です。

 

  • バナナ
  • 穀類
  • 豆類

などに多く含まれています。

 

トリプトファンとビタミンB6、炭水化物のいずれも、
効率的に摂取できるバナナ
は、
特におすすめの食材です。

 

 

避けたほうが良い食品は?

強迫性障害 食事

 

普段の食生活と、気分や精神の安定には、
大きな関係があります。

 

食べているものによっては、
血糖値の乱高下で情緒不安定になったり、
特定の栄養素を欠乏させている可能性があります。

 

避けるべき食品は、以下のとおりです。

 

甘いもの(お菓子、ジュースなど)

強迫性障害には、強いストレスや疲労を伴うので、
甘いものを食べて発散している人もいるでしょう。

 

ですが、砂糖や炭水化物を多く含むお菓子やジュースは、
血糖値の急激な上昇を引き起こし、
その反動で血糖値が大きく下がる
と、
不安感やイライラ、倦怠感を引き起こします。

 

油脂の多いもの(揚げ物、マーガリンなど)

油脂類の中で、「トランス脂肪酸」と呼ばれるものは、
人工的に合成された、酸化の進んでいる油です。
マーガリンや植物油などに、多く含まれています。

 

トランス脂肪酸は体内での代謝が難しく、
血管内に付着したり、脳の細胞膜にダメージを与えます。

 

脳の6割は脂質で構成されているので、
毎日摂る油の質は脳の健康にも直結しています。

 

普段摂取する油脂類には、
正常な脳の神経細胞を作る「オメガ3系」を選びましょう。
オメガ3系は、以下の食品で摂取できます。

 

  • 青魚
  • ナッツ類
  • 亜麻仁油、えごま油

 

インスタント食品

カップラーメンなどインスタント食品には、
リンなどの添加物が多量に含まれており、
カルシウムなどのミネラル吸収を阻害します。

 

ミネラルは、精神の安定にも必要な必須栄養素
(例えば、カルシウムはイライラを抑える)なので、
それらを不足させるインスタント食品は、
極力避けなければなりません。

 



 

 

強迫性障害改善マニュアル 人気ランキング

強迫性障害

 

強迫性障害

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの特徴

『1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感』

これまでに300人以上を救ってきた、メンタルトレーナー本田雅人氏の特別プログラム。基礎編、実践編の二部構成で段階的に強迫性障害を克服。その他、約600ページにも及ぶ大容量コンテンツ、90日間の完全個別メールサポート、返金保障など、圧倒的な品揃えで他社の類似教材を圧倒!

■管理人から一言■

《メリット》 メールサポートの他、返金保障も付いていて、購入者目線の対応をしている
《デメリット》 ボリューム多く、サポートがしっかりしている分、値段が高め。

 
 

強迫性障害

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの特徴

『東洋医学整体師鈴木進氏が教える改善プログラム』

東洋医学をベースに学生時代に学んだ臨床心理学をブレンドさせた独自の治療法で心の病を改善。リーズナブルな価格で、安定した人気マニュアル。

■管理人から一言■

《メリット》 他の類似教材と比べ、かなり安いので、お金をかけられない人にはおすすめ
《デメリット》 コンテンツ量が少ない(79ページ)、返金保障もない

 
 
石原式強迫性障害改善術(販売終了)

強迫性障害

石原式強迫性障害改善術の特徴

『4つのステップで着実にあなたの症状を改善』

年商2億の会社を創業し、カウンセラーも行う異色の人物・石原誠二氏が執筆。たった7分間で取り組める改善メソッドを公開。※販売が終了しました。

■管理人から一言■

《メリット》 返金保障つき
《デメリット》 メールサポートがないので、疑問やトラブルがおきたとき大変。また、販売ページにこんな誤りもあり、ちょっと不安感も。

※販売終了