強迫性障害への補助制度

catch26.png
強迫性障害の症状が重い場合、公的補助制度が受けられることがあります。
状況によっては、

  • 障害年金
  • 通院医療費公的負担制度

を利用できます。

 

 

障害年金については、強迫性障害で審査に通る人は少ないです。
よほど症状が重い人でなければ受給は難しいでしょう。

 

また、障害年金の審査に通っても就職が難しくなるので、
よほど困っているのでなければおすすめしません。

 

 

自立支援医療費について

強迫性障害は、通院医療費が負担してもらえる自立支援医療費
(精神通院医療)の支給対象になります。

 

すべての精神疾患が対象で、通院による治療が必要と
判断されたときに受給可能になります。

 

fotolia_39172927_xs.jpg
支給されるためには、3年以上精神医療の
治療経験がある医師による診断書が必要になります。
1年ごとに更新しなければなりません。

入院したときや、公的医療保険が適用されない治療は

対象にならないので注意してください。

 

 

強迫症状が改善しても、その後再発する可能性が予想され
続けて通院する必要があるときは、支給範囲に該当します。

 

通常3割の治療費自己負担が1割にまで軽減され、
生活保護受給世帯の場合は無料になります。
所得状況によって自己負担の限度額は異なります。

 

 

強迫性障害は長期の治療になることが多いので、このような補助制度はありがたいですね。
地域によって若干制度に違いがあるので、詳細は市の福祉担当に問い合わせてください。



 

 

強迫性障害改善マニュアル 人気ランキング

強迫性障害

 

強迫性障害

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの特徴

『1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感』

これまでに300人以上を救ってきた、メンタルトレーナー本田雅人氏の特別プログラム。基礎編、実践編の二部構成で段階的に強迫性障害を克服。その他、約600ページにも及ぶ大容量コンテンツ、90日間の完全個別メールサポート、返金保障など、圧倒的な品揃えで他社の類似教材を圧倒!

■管理人から一言■

《メリット》 メールサポートの他、返金保障も付いていて、購入者目線の対応をしている
《デメリット》 ボリューム多く、サポートがしっかりしている分、値段が高め。

 
 

強迫性障害

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの特徴

『東洋医学整体師鈴木進氏が教える改善プログラム』

東洋医学をベースに学生時代に学んだ臨床心理学をブレンドさせた独自の治療法で心の病を改善。リーズナブルな価格で、安定した人気マニュアル。

■管理人から一言■

《メリット》 他の類似教材と比べ、かなり安いので、お金をかけられない人にはおすすめ
《デメリット》 コンテンツ量が少ない(79ページ)、返金保障もない

 
 
石原式強迫性障害改善術(販売終了)

強迫性障害

石原式強迫性障害改善術の特徴

『4つのステップで着実にあなたの症状を改善』

年商2億の会社を創業し、カウンセラーも行う異色の人物・石原誠二氏が執筆。たった7分間で取り組める改善メソッドを公開。※販売が終了しました。

■管理人から一言■

《メリット》 返金保障つき
《デメリット》 メールサポートがないので、疑問やトラブルがおきたとき大変。また、販売ページにこんな誤りもあり、ちょっと不安感も。

※販売終了