強迫性障害の治療方法

強迫性障害の治療方法には
どんなものがあるのか紹介します。

 

主流になっているのは

  • 薬物治療
  • 認知行動療法
  • カウンセリング

です。

 

強迫性障害の治療方法記事一覧

 

強迫性障害の治療は、やはり専門外来を受診することが一番の改善の近道です。お近くの精神科や心療内科で強迫性障害の専門治療を行っているかどうか、問い合わせてみましょう。専門外来では、薬物療法だけでなく認知行動療法もできるところが望ましいです。認知行動療法でうつやパニック障害を治療している専門外来でも、強迫性障害には対応できない場合があるので注意が必要です。また、行動療法を行うかどうかを最終的に決定する...

 
 

病院で行われている強迫性障害の治療法で主流となっているのは、薬物療法と認知行動療法です。しかし、これらの治療法を行っている医療機関はまだ少ないようです。治療が可能な病院は、お近くの精神科精神神経科心療内科に相談してみたり、もしくは精神保健福祉センターに問い合わせて探してください。基本的に強迫性障害の病院での治療は通院しながら行いますが、重度になると入院しなければならないケースもあります。うつ病を併...

 
 

強迫性障害には認知行動療法が有効とされています。認知行動療法とは、認知療法と行動療法を一緒に行うことで自分の思考や行動をコントロールできるようになるための治療です。曝露反応妨害法認知行動療法のなかでも特に強迫性障害に対しては、曝露反応妨害法が効果的です。これも曝露法と反応妨害を一緒に行うことで、強迫観念に伴う不安・恐怖をだんだんと減らしていくのを目的にしています。「曝露」とは、不安・恐怖の対象に敢...

 
 

強迫性障害と根本的に向き合いたいなら、心理士によるカウンセリングを受けるのも良いでしょう。カウンセリングといっても、人生相談のようなものではありません。専門的な知識を持ったカウンセラーなら、理論や経験に基づいたアドバイスをしながら具体的にどうすれば良いかを一緒に考えていくことで治療をサポートしてくれます。多くの場合、自分が強迫性障害となった原因にしっかり向き合うことから始めていきます。心理士に自分...

 
 

強迫性障害に対して有効な治療薬のなかでも、代表的なものがSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)です。一般的には抗うつ薬と呼ばれ、強迫性障害に伴う強い不安・恐怖の原因であるセロトニン不足を改善する作用があります。SSRIのほかにも、塩酸パロキセチンマレイン酸フルボキサミンなどが使用されます。SSRIで効果が見られなかったときは、ほかの治療薬に切り替えたり併用することがあります。ときどき併用される非定...

 

強迫性障害改善マニュアル 人気ランキング

強迫性障害

 

強迫性障害

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの特徴

『1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感』

これまでに300人以上を救ってきた、メンタルトレーナー本田雅人氏の特別プログラム。基礎編、実践編の二部構成で段階的に強迫性障害を克服。その他、約600ページにも及ぶ大容量コンテンツ、90日間の完全個別メールサポート、返金保障など、圧倒的な品揃えで他社の類似教材を圧倒!

■管理人から一言■

《メリット》 メールサポートの他、返金保障も付いていて、購入者目線の対応をしている
《デメリット》 ボリューム多く、サポートがしっかりしている分、値段が高め。

 
 

強迫性障害

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの特徴

『東洋医学整体師鈴木進氏が教える改善プログラム』

東洋医学をベースに学生時代に学んだ臨床心理学をブレンドさせた独自の治療法で心の病を改善。リーズナブルな価格で、安定した人気マニュアル。

■管理人から一言■

《メリット》 他の類似教材と比べ、かなり安いので、お金をかけられない人にはおすすめ
《デメリット》 コンテンツ量が少ない(79ページ)、返金保障もない

 
 
石原式強迫性障害改善術(販売終了)

強迫性障害

石原式強迫性障害改善術の特徴

『4つのステップで着実にあなたの症状を改善』

年商2億の会社を創業し、カウンセラーも行う異色の人物・石原誠二氏が執筆。たった7分間で取り組める改善メソッドを公開。※販売が終了しました。

■管理人から一言■

《メリット》 返金保障つき
《デメリット》 メールサポートがないので、疑問やトラブルがおきたとき大変。また、販売ページにこんな誤りもあり、ちょっと不安感も。

※販売終了