再発したらどうする?

強迫性障害 再発

 

強迫性障害をはじめ、精神疾患は、
「完治した」という基準がはっきりしません。

 

そのため、症状が治まってからも、
いつ再発するか、という不安は常にあるでしょう。

 

再発してしまうのはどのようなケースなのか、
再発を防ぐためにできることは何か、を説明します。

 

 

再発してしまう原因は?

強迫性障害 再発

 

強迫性障害が再発してしまう原因は、
主に2つあります。

 

治療や服薬を途中でやめた

 

暴露療法や薬物療法など、
人によっては負担の大きい治療法は、
途中で拒否したり、止めざるを得なくなってしまう人もいます。

 

暴露療法の場合

暴露療法(反応防止法)は、約7割の人には、
とても有効な治療法です。

 

しかし、ストレスを感じる状況・対象に、
あえて接触するのが耐えられないと感じる人もいます。

 

残り3割の中には、治療に抵抗を示したり、
途中で挫折してしまう
ことで、
十分な治療効果が得られないケースがあります。

 

治療に最後まで取り組めなかった挫折感から、
ますます不安を強めてしまう人もいます。

 

この場合、まずは認知療法にじっくり取り組むことで、
自己批判や否定的な感情を、
前向きに変える必要があります。

 

薬物療法の場合

薬物療法は、約6割の人に高い効果を示します。
ただし、自己判断で勝手に服薬を中断すると、
高確率で再発してしまいます。

 

服薬を中断した人の約半数は、
数ヶ月もすると、また強迫症状に悩まされるようになります。

 

環境が原因

 

治療が一旦終わった後も、強いストレスや、
プレッシャーに晒され続けると、
脳が疲弊して不安を感じやすくなり、
脅迫行動が再燃してしまうケースがあります。

 

認知療法や薬物療法といった治療以外にも、
日常生活において、居心地良く安らげる環境や、
ゆっくり休息する時間を、大事にする
必要があるでしょう。

 

 

再発を防ぐ3つの方法

強迫性障害 再発

 

強迫性障害の再発を防ぐには、症状が治まった後も、
以下のポイントを意識して生活する必要があります。

 

定期的に専門家に相談する

 

治療が一旦終わった後でも、定期的に専門家に相談し、
発生した不安や悩みはすぐに解消を図りましょう。

 

元々、不安を感じやすい性格が強迫症状を誘発する、
ともいえるので、ストレスや不安は溜め込まないようにし、
心のケアを続けていく必要があります。

 

また、服薬を中止する時期は、
必ず医師の判断に従って下さい。

 

一般的に、症状が改善して1〜2年経過した頃に、
徐々に薬の量を減らしていくようになります。

 

 

強迫観念や不安から逃げないこと

 

再発を恐れて、強迫行動を誘発する対象・環境を、
避け続けてしまう人もいます。
しかし、いざ不安に直面したとき、
その反動で動揺して、症状を再発させてしまいます。

 

徹底的に除菌・殺菌されたクリーンな環境に居続けると、
病気に対する免疫力・抵抗力が弱くなるようなものです。

 

それを予防するためには、治療終了後も、
不安の対象に挑戦し続け、慣れていかなければなりません。

 

例えば、手洗いの強迫観念に悩んでいたなら、
あえて汚いと感じるものにも触ってみましょう。
日常的に、無理のない範囲で暴露療法を続けていくのです。

 

 

暇な時間を減らす

 

何もしない暇な時間があると、つい考えすぎてしまい、
不安がどんどん増長していきます。

 

余計な不安を遠ざけるためには、
仕事や趣味などやることを増やして、
一人で思い悩む時間を作らないことが重要です。

 

ただし、オーバーワークにならないよう、
活動と休息のバランスは取りましょう。



 

 

強迫性障害改善マニュアル 人気ランキング

強迫性障害

 

強迫性障害

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの特徴

『1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感』

これまでに300人以上を救ってきた、メンタルトレーナー本田雅人氏の特別プログラム。基礎編、実践編の二部構成で段階的に強迫性障害を克服。その他、約600ページにも及ぶ大容量コンテンツ、90日間の完全個別メールサポート、返金保障など、圧倒的な品揃えで他社の類似教材を圧倒!

■管理人から一言■

《メリット》 メールサポートの他、返金保障も付いていて、購入者目線の対応をしている
《デメリット》 ボリューム多く、サポートがしっかりしている分、値段が高め。

 
 

強迫性障害

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの特徴

『東洋医学整体師鈴木進氏が教える改善プログラム』

東洋医学をベースに学生時代に学んだ臨床心理学をブレンドさせた独自の治療法で心の病を改善。リーズナブルな価格で、安定した人気マニュアル。

■管理人から一言■

《メリット》 他の類似教材と比べ、かなり安いので、お金をかけられない人にはおすすめ
《デメリット》 コンテンツ量が少ない(79ページ)、返金保障もない

 
 
石原式強迫性障害改善術(販売終了)

強迫性障害

石原式強迫性障害改善術の特徴

『4つのステップで着実にあなたの症状を改善』

年商2億の会社を創業し、カウンセラーも行う異色の人物・石原誠二氏が執筆。たった7分間で取り組める改善メソッドを公開。※販売が終了しました。

■管理人から一言■

《メリット》 返金保障つき
《デメリット》 メールサポートがないので、疑問やトラブルがおきたとき大変。また、販売ページにこんな誤りもあり、ちょっと不安感も。

※販売終了