強迫性障害(OCD)とは?

強迫性障害(OCD)とは何か、
基本的なことから理解できるように説明します。

 

どんな症状があるのか、原因は何なのかといった
気になる情報をまとめています。

 

強迫性障害(OCD)とは?記事一覧

 

強迫性障害の症状は、強迫観念と強迫行為の両方がある状態です。強迫観念とは、考えたくない事柄が自分の意思ではどうにもならないほど何度も頭に浮かぶことで、強い不安や恐怖、不快感を伴います。強迫観念は普通の人にもあるものですが、障害になるとこのとらわれが強くなり生活に影響が出るほどになります。強迫行為はこの観念による不安を打ち消すためのもので、その表出の仕方は一般には理解されがたいこともあります。この障...

 
 

自分が重度の強迫性障害なのではないかと心配になっている人もいると思います。比較対象が周りにいない場合、症状の程度は自分では判断しにくくなります。治療の指針のためにもどれくらい深刻なのか把握しておきましょう。重度の症状なのかどうか客観的に判断するためには、Y−BOCS(エール・ブラウン強迫観念・行為尺度)と呼ばれる評価尺度を用います。このチェックテストで一定以上のスコアがあると重度の強迫性障害である...

 
 

強迫性障害の原因は心因的なものとされていましたが、脳科学が進んだことによって脳機能の異常にも関係しているという事実が明らかになっています。脳機能の異常について強迫性障害患者の脳は、セロトニンやドーパミンの分泌が正常でなくなっている様子が観察されています。脳内セロトニンが減少すると、強迫症状に伴う不安感が強くなってしまいます。また、大脳基底核や辺縁系、前頭前野、帯状回など脳の特定部位の異常も関係して...

 
 

強迫性障害の症状は、「自律神経」の働きと深く関係があります。自律神経には、一体どんな仕組み・働きがあって、強迫性障害とどのような関係があるかを説明します。自律神経とは何?自律神経には、交感神経副交感神経という2種類の神経が存在しています。これらの神経が一日中休まず働き続けて、呼吸や体温調節、消化機能といった生命活動の、正常な働きをコントロールしています。体を動かす時に働く「運動神経」や、痛みや温度...

 
 

強迫性障害は治るものなのかというと、薬物治療や行動療法で改善はできますが根本から解決するには自分しだいで決まってきます。本当に治したいという気持ちがあれば、努力しだいで何とかなってしまうこともあります。なかには長い時間が経過するうちに自然に治ったという人もいます。病院の治療で改善する人もいれば、逆に症状が悪化してしまう人もいます。このように強迫性障害は厄介なものに思えますが、うまく付き合っていくこ...

 
 

強迫観念を打ち消すための主な行動のひとつに確認行為が挙げられます。確認行為とは、「家の鍵はちゃんと閉めたか」「ガスの元栓は開けっ放しではないか」などが気になって何度もチェックを繰り返すことです。重度になると、遠く離れた外出先からでも途中でわざわざ家に帰ってきて確認しにいくといった人もいます。この症状がひどくなると、会社に遅れたり家族に迷惑をかけるなど無視できないものになってしまいます。確認行為は私...

 
 

強迫性障害は不安障害のひとつに分類されており、強い不安症状が伴うのが一般的です。強迫性障害とともに、不安障害を中心に様々な病気を併発している人が多いです。たとえば社会恐怖・対人恐怖症といった各種の恐怖症、過敏性腸症候群などです。似た障害に強迫性パーソナリティー障害がありますが、この障害も秩序や予定が思い通りにいかなくなると強い不安が現れるようです。チック障害トゥレット症候群摂食障害醜形障害を併発す...

 
 

強迫性障害であるかどうかの診断方法は、アメリカの精神医学化の策定したDSM−IVの診断基準に基づいて行われます。強迫性障害であると診断されるには、強迫観念と強迫行為の両方が存在している必要があります。以下にすべて当てはまる人は強迫性障害であると診断されます。強迫症状で1日に1時間以上悩んでいる場合日常生活や仕事で困難をきたしているその症状に対して本人が不合理であると認めている簡単な質問でチェック自...

 
 

強迫性障害患者のうち、うつ病になる人は約3分の1にもなるといわれています。強迫症状で仕事や付き合いに支障をきたすことで、それが自己否定につながりネガティブな考え方に陥るために発症しやすくなるようです。強迫性障害とうつ病を併発しやすいのは、どちらもセロトニンの不足が原因で引き起こされる病気だからです。原因が似ていることに加えて、強いストレス環境が併発に影響します。セロトニンは生体恒常機能を司るととも...

 
 

有名人のなかには強迫性障害をカミングアウトしている人が沢山います。スポーツ選手ではデビット・ベッカムイチロー丸山茂樹が該当します。たとえばベッカムの場合は次のような症状があるそうです。すべてのものがペアになっていなければ気が済まない家や家具、服装をすべて白に統一しているものをまっすぐに並べたり完璧な形に直したりして何時間も過ごす典型的な不完全恐怖の症状が現れていますね。ベッカムは妻からも変人といわ...

 
 

子供の強迫性障害は大人の抑圧から逃れるために、自分でコントロールできる状況を作り出そうとする無意識に起因しています。また、自分や親、兄弟など身近な人を守るための儀式として定着していることもあります。子供にとって、強迫行為とは行って当然である真実として認識されています。そのため子供の強迫性障害の診断基準では、「本人が不合理と感じているかどうか」という項目が外されています。このような観念は小さい時から...

 

強迫性障害改善マニュアル 人気ランキング

強迫性障害

 

強迫性障害

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの特徴

『1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感』

これまでに300人以上を救ってきた、メンタルトレーナー本田雅人氏の特別プログラム。基礎編、実践編の二部構成で段階的に強迫性障害を克服。その他、約600ページにも及ぶ大容量コンテンツ、90日間の完全個別メールサポート、返金保障など、圧倒的な品揃えで他社の類似教材を圧倒!

■管理人から一言■

《メリット》 メールサポートの他、返金保障も付いていて、購入者目線の対応をしている
《デメリット》 ボリューム多く、サポートがしっかりしている分、値段が高め。

 
 

強迫性障害

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの特徴

『東洋医学整体師鈴木進氏が教える改善プログラム』

東洋医学をベースに学生時代に学んだ臨床心理学をブレンドさせた独自の治療法で心の病を改善。リーズナブルな価格で、安定した人気マニュアル。

■管理人から一言■

《メリット》 他の類似教材と比べ、かなり安いので、お金をかけられない人にはおすすめ
《デメリット》 コンテンツ量が少ない(79ページ)、返金保障もない

 
 
石原式強迫性障害改善術(販売終了)

強迫性障害

石原式強迫性障害改善術の特徴

『4つのステップで着実にあなたの症状を改善』

年商2億の会社を創業し、カウンセラーも行う異色の人物・石原誠二氏が執筆。たった7分間で取り組める改善メソッドを公開。※販売が終了しました。

■管理人から一言■

《メリット》 返金保障つき
《デメリット》 メールサポートがないので、疑問やトラブルがおきたとき大変。また、販売ページにこんな誤りもあり、ちょっと不安感も。

※販売終了