病院で治療する

catch13.png
病院で行われている強迫性障害の治療法で主流となっているのは、
薬物療法と認知行動療法です

 

 

しかし、これらの治療法を行っている医療機関はまだ少ないようです。
治療が可能な病院は、お近くの

  • 精神科
  • 精神神経科
  • 心療内科

に相談してみたり、もしくは精神保健福祉センターに問い合わせて探してください。

 

 

基本的に強迫性障害の病院での治療は通院しながら行いますが、
重度になると入院しなければならないケースもあります。

 

うつ病を併発していたり、家族への巻き込み行動が激しかったりするなど
日常生活に支障をきたす場合です。
fotolia_50104184_xs.jpg

 

 

病院では薬物療法・認知行動療法を行う前に心理教育から始めていきます。

 

強迫性障害は、薬を飲んだり医師のいうことを聞いているだけで治るものではないので、
まずは本人や家族の症状に対する理解を深めて意識を変えていくのが大事なのです。

 

 

心理教育のメリット

心理教育を行うことによって、その後の治療がスムーズに進みます。
自分の症状を医師に説明して、どれが強迫症状なのかをまず明確にしていきます。

 

 

強迫性障害の特性について理解しておくと、症状をすぐに自覚できるようになるので
強迫行為が定着してしまうのを防げます。
不安になったとしても実際に危険は起こらないこと、
ほどほどの感覚を失ってしまっていることが説得できれば症状は軽くなります。

 

 

この心理教育の考え方は治療が成功したあとでも再発を防ぐために役立ちます。



 

 

強迫性障害改善マニュアル 人気ランキング

強迫性障害

 

強迫性障害

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの特徴

『1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感』

これまでに300人以上を救ってきた、メンタルトレーナー本田雅人氏の特別プログラム。基礎編、実践編の二部構成で段階的に強迫性障害を克服。その他、約600ページにも及ぶ大容量コンテンツ、90日間の完全個別メールサポート、返金保障など、圧倒的な品揃えで他社の類似教材を圧倒!

■管理人から一言■

《メリット》 メールサポートの他、返金保障も付いていて、購入者目線の対応をしている
《デメリット》 ボリューム多く、サポートがしっかりしている分、値段が高め。

 
 

強迫性障害

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの特徴

『東洋医学整体師鈴木進氏が教える改善プログラム』

東洋医学をベースに学生時代に学んだ臨床心理学をブレンドさせた独自の治療法で心の病を改善。リーズナブルな価格で、安定した人気マニュアル。

■管理人から一言■

《メリット》 他の類似教材と比べ、かなり安いので、お金をかけられない人にはおすすめ
《デメリット》 コンテンツ量が少ない(79ページ)、返金保障もない

 
 
石原式強迫性障害改善術(販売終了)

強迫性障害

石原式強迫性障害改善術の特徴

『4つのステップで着実にあなたの症状を改善』

年商2億の会社を創業し、カウンセラーも行う異色の人物・石原誠二氏が執筆。たった7分間で取り組める改善メソッドを公開。※販売が終了しました。

■管理人から一言■

《メリット》 返金保障つき
《デメリット》 メールサポートがないので、疑問やトラブルがおきたとき大変。また、販売ページにこんな誤りもあり、ちょっと不安感も。

※販売終了